中性脂肪 低い

中性脂肪が低いのも問題あり?

自分は中性脂肪がないから大丈夫!と思っている人も多いと思います。しかし、逆に低すぎるのも注意が必要なのです。

 

摂取しすぎると皮下脂肪になり、さらに摂取してしまうと血中に放出されてしまし動脈硬化や高血圧の原因になってしまうのです。

 

逆に低いと、肝臓病や甲状腺機能亢進症という病気の疑いが出てくるので、極度なダイエットや菜食主義の不規則な食生活が関係してくると思います。

 

中性脂肪が低すぎるので、自分は大丈夫だと思わずに、毎日の食生活を見直して行くべきだと思います。

 

イマークSは、EPA・DHAがバランスよく含まれていて、体に良い成分も含まれています。
血中中性脂肪値を基準値へと維持してくれる効果もあるので、続けてみるのも良い方法だと思います。

 

中性脂肪が低すぎてしまうと、ホルモンバランスも悪くなってしまうので、ある程度の脂肪は大切なのです。

 

自分で管理ができない人は、先ず病院で診察してもらうべきでしょう。極度なダイエットをして体調を
壊してしまう人はとても多いので、自分の体を大切にしながら取り組んでいきましょう。

 

また、計画を立ててコツコツと取り組んでいくことがリバウンドしにくいようです。
中性脂肪はありすぎてもなさすぎても体に良くないのですね!

 

イマークSで中性脂肪をコントロール