イマークSの口コミから効果を検証!

中性脂肪値が高いと何がダメなの?

 

中性脂肪値が高いと何がダメなのでしょう?

 

中性脂肪が高いと心筋梗塞や動脈硬化になる原因となり、
病気になるリスクが上がってしまいます。

 

 

中性脂肪の基準値は、30~149mg/dlぐらいです。

 

 

中性脂肪値が1000mg/dl以上の場合には、急性膵炎を起こしやすいので治療が必要です。

 

 

もし、検査で中性脂肪の異常が見つかった場合はどうする?

 

中性脂肪の値が高い人というのは、大抵の場合肥満や食べすぎ、運動不足、飲酒によるものです。
中性脂肪が高い状態が続くと、心筋梗塞、脳血管障害など、動脈硬化症の病気の原因になりますので、
まずは、食事や運動など家庭でコントロールすることに努めます。

 

飲酒の量を減らしたり、運動不足の人は、習慣的に運動するようにし、
炭水化物や脂肪の多い食事を控えるなどに気をつけることで、だいたい改善されます。

 

まずは、自分の日常の生活を見直すようにしましょう!

 

 

中性脂肪値が低すぎも良くない?

 

中性脂肪が基準値より低い場合も再検査が必要となります。

 

中性脂肪値が低い事で疑われる疾患には、
「甲状腺機能亢進症」「肝臓病」などがあります。

 

中性脂肪は高いのがダメという方につい目が行ってしいまいますが、
低すぎるのも良くないということを覚えておいて下さい。

 

 

中性脂肪値が低くなる原因としては、
・肝障害
・過度のダイエット
が考えられます。

 

中性脂肪値を正常に保つには、食べすぎも良くないし、
食べなすぎも良くないんです!

 

栄養バランスの良い食事をきっちり3色摂取することが大切です。

 

 

 

お酒もたばこもお菓子もほどほどに・・・・

 

 

中性脂肪を減らす食生活とは?

 

中性脂肪を比較的ラクに減らす方法として、"トクホ"のイマークSを
おススメしています。

 

 

 

ですが、基本としては普段の生活で気をつけなければいけません!
気をつける点としては、運動と食生活です。

 

今回は、食生活についてご紹介していきますね♪

 

 

中性脂肪を減らす食生活

 

高カロリー食品の制限

 

肉類、糖類(ごはんなどの穀類やお菓子ジュースなど)の取りすぎを制限する必要があります。
摂取エネルギーを減らすために、まずはこれらを見直して下さい。

 

また、食べる量を少なくするのはもちろん、同じ肉類でも赤身の部分を多く食べるようにするなど、
質を改善することも効果的なんです♪
特に間食やジュースなど、決めた以上にとらないことが大切です!

 

 

油モノの制限

 

炒め物や揚げ物などに欠かせない油を控えるのは、なかなか難しいですよね?
そこで、まずはバター、マーガリンドレッシング、マヨネーズなど調味料の摂取量を減らしましょう!

 

また、最近は「体脂肪がつきにくい油」など、健康を配慮したものも多く発売されているので、
それらもうまく活用してみて下さい!

 

 

野菜を多めに

 

野菜に含まれるビタミンやミネラルは、カラダの代謝を活発にするための重要な役目を担っています!
また、血管の老化を防ぐなど、動脈硬化の予防にもつながる大切な栄養素なんです♪

 

海藻類やきのこ、乾物などに多く含まれる食物繊維は、生活習慣予防のために注目されている物質。
腸内で中性脂肪や糖質を吸着して一緒に排せつさせてしまう働きもあります。

 

1日の目標として、野菜の量は300gです!
淡色野菜・緑黄色野菜・食物繊維が多い野菜・・・とバランスよく食べるようにして下さい。

 

 

魚類は週に3~4回

 

同じ脂肪でも、魚類に含まれる脂肪は善玉(HDL)コレステロールを多く含んでいます!
このコレステロールが血液中に増えると、中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールのたまり過ぎがまねく
動脈硬化を防いでくれるんです♪

 

このほか、最近、オリーブオイルなどに含まれているオレイン酸に、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを
増やす働きがあるとして注目されています!

 

 

以上のことを考え、中性脂肪を減らす食生活を取り入れていってくださいね♪

 


ダイエットと中性脂肪の関係とは?

ダイエットと中性脂肪の関係ってご存知ですか?

 

 

実は、中性脂肪が高い人の方がダイエットに成功しやすいという
事例があるんですね~

 

中性脂肪が高い人は、中性脂肪を下げるだけでダイエットになるので、
中性脂肪が高い人の方が、ダイエットの成功率が高いんです!

 

 

では、中性脂肪が高い状態というのは、どのような状態なのでしょう?

 

中性脂肪が高い状態というのは、肝臓が中性脂肪を作り過ぎる状態にあるんです!

 

 

肝臓が作った中性脂肪は、脂肪細胞に蓄えられ、体脂肪が増加してしまうんです。

 

"肥満の敵は肝臓にあり"です♪

 

 

中性脂肪を下げるには、節酒が効果的です!
アルコールを摂取すると、中性脂肪の合成が促進されまうんです。

 

 

中性脂肪を比較的にラクに落とすことができるのが"トクホ"です!

 

 

"トクホ"といえば、イマークSですよね?
イマークSの詳細は、ニッスイ公式サイトをご覧下さい!