イマークS,イマーク

イマークとイマークSって何が違うの?

 

イマークが2012年10月15日にリニューアルされて誕生したのが

 

「イマークS」です!

 

 

イマークSのリニューアルの内容

 

容器が違う

 

 

 

イマークは瓶だったのに対して、イマークSはアルミ缶になりました。
だいぶ軽くなったので、持ち運び易く便利になりました!

 

 

成分は?

イマークとイマークSの主成分である、「EPA」と「DHA」の配合量はほぼ同じで、
効果に差は全く差はありません!

 

 

豆乳

一番大きな違いとして、豆乳を使用しているかいないかです。

 

従来の「イマーク」は豆乳ベースのため、味や品質の低下を防ぐため、
冷蔵保存が必須でした。

 

これについて、「持ち歩けないし、いちいち冷蔵庫に入れるのが面倒くさい!
常温保存できるようにして欲しい」という声が多かったので、イマークSで改善されました。

 

 

 

イマークSにリニューアルされ、常温でも保存でき、アルミ缶となり持ち歩きにも最適です。

 

さらに、イマークSはヨーグルト風味となり、とても飲みやすくなっています。

 

 

イマークSを1日1本飲むだけで中性脂肪が約20%低下する効果が期待できるので、
メタボ予防にも最適です!!

 

 

 

関連ページ

イマークSとは?
ニッスイ イマークSの口コミからイマークSの効果を検証!これからイマークSを購入しようか迷っている方に役立つ情報をお届けしています!
特定保健用食品 イマークSの効果がすごい!?
特定保健用食品 イマークSはとっても人気のEPA ドリンクです。イマークSの人気の秘密は簡単に続けることができるためです。イマークSの人気に秘密をご紹介しています♪